習慣デザイン中国語61-70日目

習慣デザイン中国語61-65
習慣デザイン中国語66-70

 

 

習慣デザイン中国語61日目

20191129

>この発音は、とても苦手です。語尾のnとngに気を取られて、なめらかに口が動きません。

 

nとngの単語を使って正解と不正解の両方を音声認識でチェックするといいですよ。

習慣デザイン中国語62日目

20191130

>似た音は似た文字だし、字を見てピンインを判断するのに、この表は役立ちますね。

 

ピンイン表を見なくて「ピンインがわからない」という人が多いです。日本地図を見なくて日本の地形がわからないというような感じです。ピンイン表をみながらピンインを作った人の気持ちになるとさらに奥深くわかってきますよ。

習慣デザイン中国語63日目

20191201

>旅行中最初は通じないので、筆談で文字を知らせてましたが、言うのに慣れるにしたがって、初対面の人でもわかってくれるようになったと思います。

 

短期間なのに進歩が早いですね。やはり旅行、一人旅はいいですね。

習慣デザイン中国語64日目

20191202

>ピンイン表に、代表的な漢字を書き込んでいるので、多い少ないは眺めてみると一目瞭然です。それ以外にも、同じ部首なのに違う音だったり、似ている音同士のグループなどが、次第にわかってきました。

 

いい感じです。「東北の県をすべて言える」「九州の県をすべて言える」「ピンインのjiをすべて言える」これは知っているか知らないかの問題で難しいと実は関係ないんですよね。

習慣デザイン中国語65日目

20191203

>個人的にはqとjも混同しています。こういうことが、今回ピンインを整理していろいろわかってきました。毎日がとても新鮮です。

 

この勉強方法は漢字とピンインを一致させるのにとても有効です。chi、qiは特に聞き分けできない場合が多いです。しかし漢字とピンインを把握していれば発音を気を付けることができます。

習慣デザイン中国語66日目

20191204

>「ピンインは覚えるもの、四声は慣れるもの」。これも十分に納得です。今、ピンインをおさらいして覚えたら、あとは慣れることに注力できますね。ありがとうございました。

 

・慣れること(交流)
・ピンイン表(勉強)

 

この2つを行ったり来たりすると上達しますよ。

習慣デザイン中国語67日目

20191205

>発音としては難しいものばかりのようですが、あと1/4強。頑張ります。

 

難しいというか知らなかったものという言い方の方が知るに転換できるのでいいかもしれません。

習慣デザイン中国語68日目

習慣デザイン中国語69日目

20191207

>shiがあまりにたくさんあることに気づき、いずれもよく使う文字ばかりで、これはなかなか手ごわいと思いました。shuも結構ありますし、これだけでも、shの音をマスターすることが、とても重要だとわかりました。

 

sで始まる発音が苦手な場合はただ単に数が多かったからかもしれませんね。

 

>これまでピンイン表のそれぞれの音に該当する文字を書き込んできましたが、声母がiの音が多いですね。やはり、声に出しやすいとか何か要因があるような気がしました。面白いです。覚えることをそっちのけで、ピンイン表を眺めています。

 

興味を持ってピンイン表を眺めていると自然と頭に入っているはずです。世界地図を見ているような感覚だと思います。

 

>これまで、ピンイン表に該当する文字を見てきましたが、添付のように、これを四声別に記入してみると、いろいろなことがわかります。まだ全部記入できてませんが、とりあえず同音のたくさんあるものから、マップを作ってみようと思います。ji、zhiやzhuもたくさんありますね。学生の時から、ただ試験のために、やみくもに覚えるだけから、こうして俯瞰できるような工夫をすると、とても分かりやすいです。マップができると、連想することも容易になり、脳の働きも活発になるかもしれません。

 

勉強することは整理すること。整理すると引き出しやすくなりますよ。部屋の整理にも似ています。

 

>確かに単独の文字では聞き分けできませんね。中国人が二文字にして、単語を構成する理由がわかった気がします。形容詞などの重ね型にする気持ちもわかるような気がします。これ、とても大きな発見です。今後、耳を澄まして聞きとる際に、とても役立ちそうです。

 

漢字一文字の発音より漢字二文字以上のつながり(リズム)が聞き分けには大事です。これがわかれば話すときも発音がよくなりますよ。

 

>この講座から、いろいろ有用なヒントをいただきました。ここ後半戦に至って、ますます期待が盛り上がります。

 

ゴールに近づくに連れてランナーズハイになっているような状況ですね。とてもいいことです。

 

引続き中国語の勉強応援しています!

習慣デザイン中国語70日目

20191208

>言語学のことは何もわかりませんが、rの列の音の中には、日本の「に」となんとなく親和性があるように思いました。例えば、日、肉、入、任、弱、軟などです。このrの音は、南方の方言では、まったく別の音(jのような)に聞こえたりして、ちょっと不思議な気がします。

 

もしかしたら親和性があるかもしれませんね。「に(日)」「ひ(日)」「ri(日)」も発音が似ていますね。語学は奥深いです。

このページの先頭へ戻る